Text Size :  A A A
|  トップ  |  自己紹介  |  初めての方へ  |  Q & A  |  添削など  |  ■ブログ■  |  リンク  |  メール  |
ちょっと前の話ですが、GW、家族で北九州から久住までのキャンプ旅行に行ってきました。
旅好きな我々夫婦ですが、キャンプ経験はほとんどありません。キャンプ道具もないし、それを載せる
車もないので、現実的に考えてはいなかったのですが、双方の実家の両親がそれぞれ、道具と車を
貸してくれると言うので、お言葉に甘えて、“初ファミリーキャンプ”に挑戦することになりました。
6泊7日全てテント泊、超初心者とは思えない強気な計画ですが、いつもの「ま、なんとかなるさ~」で行ってきました。いや~、キャンプ、楽しいですね♪ 長男につきあって、虫取り・カエル取り・カニ取りに明け暮れましたが、朝から晩まで自然の中って贅沢だなあと思いました。

前半は雨がけっこう降ったので、実際のテント泊は3泊(残りはバンガロー)でしたが、経験値もグッとアップし、“超初心者キャンパー”から“初心者キャンパー”へ格上げ(自己申告)となりました。
今回、経験を積んだことで、“キャンプの奥義”と言うべきものを掴んだ気がします。「そうか!これが快適なキャンピングライフを満喫するために、最も大事なことなのか!」と気づいたときは嬉しかった
です。ベテランキャンパーの方なら皆、何らかの形で意識していることとは思いますが、今回は超初心者の皆様のために、初心者キャンパーの私から、特別にお教えしたいと思います。ではいきます!
☆キャンプの奥義 → テントの下に引くシートは、テントからはみ出ないように折り畳むこと。以上。
事件は初日の夜に起きました…。
子どもたちはその日、自然の中で走り回り、温泉で汗を流し、焼肉でお腹一杯になって、初めてのテントの夜を迎えました。初めてなのに、三人とも何ということもなくコロッと寝てくれて、「キャンプ初日は上出来だったな…。雨がぽつぽつ降り始めているみたいだけど、立派なテントだし、心配は何もないな。
よ~し朝までぐっすり眠ろう。。。zzz」  ・・・ところが真夜中。
妻が背中を叩いてきて、「起きて!濡れてる。浸水してる!」
Img_abcb975aff81ee805fdee9de9f6ea7629564a4f4
<現場写真>
外に出て調べたところ、どうやらテント下のグランドシートとテントの隙間に雨水が流れ込んできて、それがテント内部に浸み込んできているようでした。溜まった水を出すために、タオルで拭いて外で絞って…を二人で繰り返すこと一時間、ようやく寝れる状態に戻すことができたのでした…。それにしても、いくらテントの中とはいえ土の上、服の端が水でぬれ、何度も抱えられ動かされても、ものともせずに熟睡し続けるうちの子たちって…。何はともあれ、たくましく育ってくれているようです!
Img_140cb9f93d16b260a8c633c77cdb579328f214c8
Img_59263341fb1ece363c9e19e9978170305f90df36
Img_95d72bdd08199868dcf6768d44c483f500713078