Text Size :  A A A
|  トップ  |  自己紹介  |  初めての方へ  |  Q & A  |  添削など  |  ■ブログ■  |  リンク  |  メール  |
冬の個別面談もおおむね終了。教室生保護者の皆様、どうもありがとうございました。
こいく@春風荘201号室は(来て頂いた方はよくわかると思いますが)本当にただのアパート、ただの六畳一間で、全く学習教室らしくない空間です。でもそれがなんだか寺小屋っぽくて温かくていい…と私は思ってます。過去10年間、教室前方に設置されたホワイトボードの前に立ってきた私ですが、正直あれはあまり好きではありません。自分、つまり先生が授業の主役っぽくなるからです。先生は脇役でいい。科目にもよるのでしょうが、少なくとも算数に関しては、“生徒が主役”の授業こそが理想の授業だと思います。
とは言うものの…。4月から始める新コースのためにどうしても必要、ということで買っちゃいました、ホワイトボード☆ あまり好きではないと書きましたが、実際に届いてみると「懐かし~!」となって素直に嬉しかったです(笑)。縦型って珍しいでしょ?今の教室の雰囲気を保つために、普段はしまっておいて、必要な時だけ壁に立てかけて使用するようにしました。
Img_a436ccab89bbbe8564905e33c002b86677fcfa21
新コースについては、先月のブログ(1/11,19)に書きました。中学受験をする子はもちろん、「受験はしないけどプラスアルファの応用力をつけたい」という子も大歓迎!のコースで、名称は『アドバンスコース』です。詳細はこちらより。この新コースの“主役”は、もちろん私、そのためのホワイトボードです! …というのは冗談で、“生徒が主役”となるような、(つまり生徒が自ら動き、考え、感動できるような)授業となるはずです。そのような授業を展開するためには授業システムというか“仕掛け”が非常に重要で、今回、その仕掛けの一環として“集団指導”(とはいえ最大6名ですが)であることがどうしても必要でした。(本当のところ、そのためのホワイトボードです。)個別指導にはない集団指導のメリットとは、煎じつめて言えば“共に学ぶ仲間”だと思います。その存在は“仕掛け”次第では非常に大きなものとなり得ます。もちろん、これまで通り、一人ひとりをしっかり見つめて指導できる個別指導のメリットも活かしながら、集団・個別の理想的なハイブリッドを実現させた最強のコース、それが学び舎こいくのアドバンスコースなのです!!!

…熱くなりすぎましたね(笑)。ちょっと理由を聞いてください。大手塾に勤めていた時の話です。
理想の授業を追求してきた私は、授業技術を高めるだけではおさまらず、システム(カリキュラム・テキスト・テスト等)全部を自分の理想通りにしたくて、そのために努力して教科責任者の地位を勝ち取りました。でも営利が絡む会社組織の中では、やはりなかなか思う通りに進まないことも多くて…。もちろん自分の力不足だったとは思いますが、満ち足りない思いをずっとずっ~と抱えていましたので、今、理想の授業を作り上げることができるのがすごく嬉しくて、すぐにテンションが上がってしまうのです(笑)。でも本当に、十年間のノウハウを全て注ぎ込んだシステムができたと自負しています。
3月には無料体験授業を実施します。あ~楽しみ♪ 皆様ありがとうございます!