Text Size :  A A A
|  トップ  |  自己紹介  |  初めての方へ  |  Q & A  |  添削など  |  ■ブログ■  |  リンク  |  メール  |
首都圏の私立中学校の入試も一段落しました。算数の最新入試問題を解きまくる毎日です。
これが楽しい♪ 仕事というより趣味の領域です。基本的に勉強嫌いだった学生時代の自分が聞いても信じないだろうな~。しかも本好きの文系人間で大学は文学部、塾講師デビュー時は国語を教えてたのに、“算数”って…。受験算数に興味を持った十数年前は、難関私立中の問題がなかなか解けずに悔しい思いをしたものでした。一日中、頭の中で問題を転がし続けて…解けた時の喜び!それを繰り返すことで、ますます難問を楽しめるようになりました。また、入試分析では偉そうに書いてますが、しっかり考えさせる問題を作るのって本当に大変なんです。難易度の調整に何回失敗したことか…。それゆえに良問に出会った時は、「よくぞこんな問題を作ったな~、すごい!」と本当に感動します。
今日は、そんな私に、“最高の感動”を与えてくれる、“最高の私立中”を
ご紹介します。東京のいわゆる“御三家”の一つ、麻布中学校です。
毎年2/1は、“麻布の入試問題の素晴らしさを妻に興奮気味に訴えては迷惑がられる日”と化していたのですが、今年はこの場を借りて皆さんに訴えたい!(迷惑…?) 確かに難しい。開成や灘に次ぐ難しさです。
“知識がなくても楽しめる”かは…正直微妙…。でも麻布の問題からは「知識などより“考える力”こそが大切なんだ、そして考えることってこんなに楽しいんだ!」と熱い想いが伝わってきます。(妄想…?) ということで、首都圏の問題から抜粋する予定だった“ベストセレクションpart2”ですが、今年も麻布が素晴らしすぎなので、“ベスト=麻布”ということにします!「そっ、そこまで熱く語るならちょっと見るだけでも…」という気持ちになった方、ぜひ!見るだけでなく鉛筆を握ってみてください!(こちら)
Img_657040ad059d536b07b6643f006aacbeb92ee421
今年の麻布の図形