Text Size :  A A A
|  トップ  |  自己紹介  |  初めての方へ  |  Q & A  |  添削など  |  ■ブログ■  |  リンク  |  メール  |
昨日22日、学び舎こいくにて、ボードゲームイベント第二弾を開催しました。(第一弾はこちら)
対象は小3の教室生。普段の授業では使うことのない“1対1の対戦型ボードゲーム”で勝ち抜き戦を行い、最強の“ボードゲーム王”を決めよう! という『小3ボードゲーム王決定戦』です。集まったのは男子5名・女子2名の計7名。ボードゲームに関しては誰もが“腕に自信あり”。普段の授業のなかで思考力を磨き上げてきた小さな賢者たち、みんな優勝に向けて意気込み十分です。
記念すべき第一回の決定戦のために選ばれたゲームはこちら、 “ポケモンバトルチェス”。この手のキャラクター商品は、えてして内容がお粗末だったりしますが、このゲーム、完成度が高いです。
ルールはシンプルで初心者に優しい親切なデザイン。ベースが
チェス(将棋)なので当然のごとく戦略性は高いのですが、適度な運要素が取り入れられているため逆転の可能性が最後まで残り、自ずと展開はドラマチックに。ノーマルコマの4倍の大きさで盤面を彩る“伝説ゴマ”の存在も、ゲームのテーマとシステムに完璧にフィットしています。本格的な対戦型ゲーム(囲碁や将棋)への入門編としても最適だと思います。友達同士で、きょうだいで、親子で、長く遊べるオススメの作品です。
Img_5e809643374fd93241b1f85e83ed6545
経験者2名、MくんとSくんによる練習試合でルールを説明し、いよいよ本番。人数合わせで急遽参加となった主催の38才男性(心は小3)を含めて、8名でトーナメント戦を行い、優勝を決めます。
熱い戦いを制し、決勝に上がってきたのはTくんとMくん。Tくんの戦い方は“速攻型”。狙いをタマゴ
コマに絞り、リスクを恐れず積極的に攻め上がり勝利をつかんできました。対するMくんは“逆襲型”。
陣形を整えチャンスを狙い、ここぞというタイミングで相手の伝説ゴマを倒して勝ち抜いてきました。
なんとあの38才男性さえも軽く一蹴!見守るみんなの優勝予想もMくんです。…が、一進一退の攻防を制したのは、予想をくつがえして、Tくん! 初代“小3ボードゲーム王”はキミだ、おめでとう!

・・・という感じで盛り上がり、とっても楽しい時間を過ごしました。印象に残ったのが、全員のマナーの良さ。勝敗がはっきり決まる1対1の対戦ですから、始まる前は、「感情的になる子がいないか」「険悪な雰囲気にならないか」「ルールを公正に守れるか」「口出しせずに見学できるか」などなどの心配がありましたが、そういったことは一切なし。通う曜日もバラバラ、小学校もバラバラな7名で、初対面の子も多かったのですが、すぐに打ち解け、でもお互いを気遣い、協力し合って共に楽しむことができたのが何より嬉しかったです。 みんな~、ありがとう♪