Text Size :  A A A
|  トップ  |  自己紹介  |  初めての方へ  |  Q & A  |  添削など  |  ■ブログ■  |  リンク  |  メール  |
Img_8d13e83c2b2c2286a7e88849bceaa1e6
次女の誕生から7日。ただいま名付けに悪戦苦闘中です。
生まれた次の日、3月1日は長男の6歳の誕生日でした。
まだまだ幼い彼ですが、妹の抱っこ姿は様になってますね。
いつの間にか立派なお兄ちゃんになっているようで。
6歳にしてすでに6か国を旅している経験豊富な彼ですが、
(あ、でも長女は3歳で6か国だ) そんな彼は今回、「6歳にして3人の赤ちゃんの誕生に立ち会う」という記録を打ち立てました。
長男と私にとっては3回目の自宅出産。3回ともなればもう慣れたもの、気の利いた動きで産婦をサポートします。
…と書きたいところですが、サポートは助産婦さんが完璧にしてくれるため、我々のやることは特になし。「まぁせめて…」という感じで、一応は妻の手を握ったりする私。
…と、その目に信じられない光景が! 痛がる妻の真横で、落ち着いた表情で、長男が…ドラえもんを
読んでました。落ち着きすぎ。しかし、ついに赤ちゃんの頭が見え始めると、彼の動きが一変します。
しっかりベストポジションに陣取り、未知の生物を一目見ようと真剣な表情で懐中電灯を操る彼。
助産婦さんに「ちょ…ちょっとそこは赤ちゃん眩しいかもね~」と諭されるのも耳に入ってない様子で、出産というイベントを大いに楽しんだようでした…。ベテラン…。

夜の出産だったため、残念ながら長女と次男は電池切れでダウン。しかし二人とも夜中に起きだして誕生を祝ってくれました。次の日、すっかり充電した二人は赤ちゃん大歓迎モード。次男は次から次にミニカーを赤ちゃんの目の前に持ってきます。「ほら、おもちゃだよ♪」ということなんでしょうが、顔の上に固いものを持ってくるので気が気でなく。
歌と踊りが大好きな長女は、“歓迎の舞”ということなんでしょうか、大声を発しながら“ソーラン節”を
エンドレスに踊りまくります(なぜそれ?)。「では!アンコールしてもよろしいでしょうか!はくしゅ~!」
いや、気持ちは嬉しいけど、安静にしないといけないんだよね…。 まぁとにかく大変でした…。
そんな二人は、現在、私の実家にて預かり保育中。両家の両親がしっかりサポートしてくれているおかげで、今は妻も赤ちゃんも、ゆっくりした時間を過ごせているようです。

でも、そろそろ二人にも会いたくなってきたな~。家族6人、皆がそろう日が
怖くもあり楽しみでもあり…。
Img_08bd9791435d40f7a677e9051ec4cb71