Text Size :  A A A
|  トップ  |  自己紹介  |  初めての方へ  |  Q & A  |  添削など  |  ■ブログ■  |  リンク  |  メール  |
☆ ハリー・ポッターと賢者の石 ☆ J.K.ローリング

~両親の死後、親戚の家に預けられたハリーポッター少年。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。~
紹介する必要を感じないほど有名な作品ですが、それでもやっぱり、「もし読んでいない子がいたら…」と思い、リストに入れることにしました。
“読書の面白さ”を教えてくれる小学校高学年の必読図書だと思います。売れているから良いという訳ではありません。むしろ私は “売れている本=薄味のまがいもの” と考えているくらいで、この作品に関しても「どうせ…」という先入観
で読み始めたのですが、前半でワクワク、中盤でドキドキ、後半でハラハラ、終幕にスッキリ! 「参りました」と負けを認めるしかない面白さでした。好みが分かれるファンタジー系でありながら、万人受けする間口の広さがあります。
最初は本の分厚さに躊躇すると思いますが、いったん世界に入り込めば話が長いと感じることはまずないと思います。
Img_7c9ca482ab1370da1a93e08974968c78

☆☆☆ 夏期講習 7/22よりスタート! 講習生を受付中です!(詳細はこちら) ☆☆☆